2019年02月17日

梅まつりに行ってきました

2月12日の午後は梅祭りに行き、梅を観賞しました。
人数は二人だけでした。
白梅が大半で、時々、紅梅があります。
中には淡いレモン色の梅もありました。
どれもとてもきれいでした。

売店が出て、みかんやジャムなどが販売されていました。

梅を見ながら散策して、楽しいひと時でした。

ハーブ・梅まつり.jpg
posted by herb at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

12月10日ハーブ倶楽部活動報告

年内最後の活動日です。朝からとても寒くて、この時期の本来の気候といえばそうなのかもしれませんが、急激な温度変化で、ことさらに寒く感じる1日でした。午前中は、まず畑奥の除草作業を行い畝を二つ作りました。年明けに堆肥など入れて完成させる予定です。

そして田んぼの学校から頂いたたくさんの稲わらをラベンダーやルバーブ、キッチンハーブなど畑のあちこちに敷き詰め冬支度を整えました。またセージを刈り込み、唐辛子を収穫しました。こうして年内の畑作業は無事完了しました。

DSCN0813.jpegimage001.jpgimage002.jpg

11月に思い切って太い幹を落としたエルダーですが、下枝が大きく育ってきているようです。楽しみですね。

image003.jpg

お昼は、レモングラス、レモンバーベナ、ミント、フェンネルのハーブティーで、冷え切った身体を温めました。

午後は、手荒れの季節ということもあり、紫根のハンドクリームを作りました。ホホバ油と太白ゴマ油に紫根と当帰のエキスを浸出させた赤色の紫根油にシアバターを少し加え、ミツロウでクリーム状しました。

紫根、当帰はともに漢方生薬として、大変重宝されています。当帰は体を温めながら、乾燥を改善し血行を良くするほか、特に女性の身体的トラブルを防ぐ作用があると言われています。紫根には、様々な炎症を抑え、傷やできものを改善する作用があると言われています。

江戸時代から長く人々の間で使われてきた「紫雲膏」は、紫根と当帰が配合された塗り薬で、湿疹や痔、ひび、あかぎれ、しもやけ、火傷などに用いられてきました。

image004.jpg

DSCN0817.png

posted by herb at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

11月25日活動報告ローズマリーのリース!

IMG_20181125_115631.jpg
午前はキッチンハーブの区画の草取りと焼却をしました。
この時期の草は背が低く葉が広く横に這っています。
スコップやカマで掘り起こしながらもくもくと作業をしました。
あの厳しかった夏の時期の草や虫たちの勢力がひっそりとやみ、これから冬に入る準備をしているようです。
私は今年ハーブ倶楽部に入ったばかりのため、
まだまだハーブの知識も少なく、
ハーブと雑草を見分けることも先輩方から教わります。
草取りも一段落つき、午後に使用するローズマリーもバケツいっぱいに刈り取りしました。
そして、本日のお昼のハーブティは
ミント、レモングラス、レモンタイム、レモンバーベナ。安定の美味しさでした!
午後はローズマリーのリース作りです。
IMG_20181125_150549.jpg
刈り取りしたときは20p程あったローズマリーを3等分くらいでカットします。
それを4本くらいの束にして根本をワイヤーでまとめます。
直径18p程のリースを作るのに20コちょっと必要でした。
束にしたローズマリーを土台に1つずつワイヤーで巻き付けていきます。
リースができたら、思い思いに飾りつけを楽しんで完成です。
飾りはシイの殻やコットン、バラの実、セージなどです。
IMG_20181125_122556.jpg

posted by herb at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする