2019年03月12日

3月11日ハーブ倶楽部活動報告



 昨日からの激しい雨が朝まで残り、今日は活動ができるものか心配されましたが、幸い活動開始時間までにすっかり雨も上がり、次第に青空の広がる良いお天気になりました。 
 そろそろ春蒔きの季節です。畑が雨で水分をかなり含んでいるので、まず先に、皆が持ち寄った種を整理、昨年秋に畑から収穫した蓼藍とスイートバジルの種です。それからポット類など持って畑に出て、ポットに土を入れ種を蒔きました。幾つかずつを各自持ち帰り、自宅で育て、苗が出来たら、持ち寄って畑に植えることになります。
IMG_20190311_101331.jpgIMG_20190311_105429.jpg
 種まきが終わると、畑手前のカモミールコーナーの整備です。このところこの辺りは、スギナコーナーのごとき様相を呈しています。したがって今時分は土筆が沢山生えているのです。この場所に、あちこち種が飛んで生えているカモミールを集めて植えました。立派な土筆もかつては貴重な食料です。ちょっとアク抜きが大変ですが、佃煮などにすれば美味しい一品になりますね。もったいなくて捨てるに忍びず、沢山収穫して持ち帰りました。
IMG_20190311_112648.jpg
 午後は、次年度の年間計画を話し合いました。例年取り組んでいる活動に加えて、新たな活動として、ハーブランチ会や、ハーブガーデン見学などの項目も加わりました。今年度の活動も残す所あと一回です。次年度は新しい方々が6名加わる予定です。
posted by herb at 13:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

梅まつりに行ってきました

2月12日の午後は梅祭りに行き、梅を観賞しました。
人数は二人だけでした。
白梅が大半で、時々、紅梅があります。
中には淡いレモン色の梅もありました。
どれもとてもきれいでした。

売店が出て、みかんやジャムなどが販売されていました。

梅を見ながら散策して、楽しいひと時でした。

ハーブ・梅まつり.jpg
posted by herb at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

12月10日ハーブ倶楽部活動報告

年内最後の活動日です。朝からとても寒くて、この時期の本来の気候といえばそうなのかもしれませんが、急激な温度変化で、ことさらに寒く感じる1日でした。午前中は、まず畑奥の除草作業を行い畝を二つ作りました。年明けに堆肥など入れて完成させる予定です。

そして田んぼの学校から頂いたたくさんの稲わらをラベンダーやルバーブ、キッチンハーブなど畑のあちこちに敷き詰め冬支度を整えました。またセージを刈り込み、唐辛子を収穫しました。こうして年内の畑作業は無事完了しました。

DSCN0813.jpegimage001.jpgimage002.jpg

11月に思い切って太い幹を落としたエルダーですが、下枝が大きく育ってきているようです。楽しみですね。

image003.jpg

お昼は、レモングラス、レモンバーベナ、ミント、フェンネルのハーブティーで、冷え切った身体を温めました。

午後は、手荒れの季節ということもあり、紫根のハンドクリームを作りました。ホホバ油と太白ゴマ油に紫根と当帰のエキスを浸出させた赤色の紫根油にシアバターを少し加え、ミツロウでクリーム状しました。

紫根、当帰はともに漢方生薬として、大変重宝されています。当帰は体を温めながら、乾燥を改善し血行を良くするほか、特に女性の身体的トラブルを防ぐ作用があると言われています。紫根には、様々な炎症を抑え、傷やできものを改善する作用があると言われています。

江戸時代から長く人々の間で使われてきた「紫雲膏」は、紫根と当帰が配合された塗り薬で、湿疹や痔、ひび、あかぎれ、しもやけ、火傷などに用いられてきました。

image004.jpg

DSCN0817.png

posted by herb at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする