2016年12月01日

カレンディラのハンドクリームを作りました!


11月27日(日)曇りのち雨 ハーブ倶楽部活動報告

報告者:Y.Yさん


24日の木曜日神奈川県西部では、午後1時過ぎまでかなり雪が降りました。山側の地では約10p積雪。ここ曽我の里でも約6pほど雪が積もりました。幸い昨日一昨日と良いお天気だったので、すっかり雪は溶けたと思っていたのですが、日陰になっているところには雪がまだ残っていました。この時期の雪、びっくりでしたね。おかげでレモングラスやチャイブの葉はだらんと垂れ下がってしまっていました。

     写真1.jpg   写真2.jpg



さて、今日は冬への準備作業です。ローゼルやコットンなどは撤去。 盛りの終えたハーブたちは短かく刈り込み、ハーブ畑は、すっかり空っぽの感じです。でも手前のカモミールのコーナーにはたくさんのカモミールの新芽が出ています。


     写真3.jpg   写真4.jpg





11時半頃畑作業を終了し、昼食前に、カレンデュラのハンドクリームをつくりました。使用するカレンデュラオイルは、この畑で収穫したカレンデュラの花をオリーブオイルに漬け込んで作ったものです。カレンデュラオイルは、荒れた皮膚、ひび割れたり、かゆみやザラザラした皮膚の荒れを鎮める働きがあり、皮膚の自然抵抗力を補強してくれるので、この時期のハンドクリームに最適です。溶かしたファーナスペレットに、このカレンデュラオイルと好みの精油を混ぜ、よく撹拌し、固まったら出来上がりです。


     20161127_121138.jpg   20161127_121746.jpg


カレンデュラのオレンジ色の花そのもののような、鮮やかなオレンジ色のクリームが出来上がりました。固まるまで撹拌し続けると、よりクリーム状になります。


     20161127_123149.jpg   写真5.jpg





その後皆で雑談しながら昼食。そして本日の活動は一旦終了しました。


 その後時間のある人で、豊年米(「田んぼの学校」で作っているお米)を作っている田んぼに行き、たくさんの稲藁を頂いてきました。ガランとしたハーブ畑に立ち並ぶたくさんの稲藁。何とも不思議な光景ですね。これらの稲藁は、霜除や冬越しの対策として使うために頂いてきました。こんなにたくさんいただけるなんて、本当にありがたいことです。


     写真6.jpg   写真7.jpg





次回の活動:12月12日(月)

      午前は畑で冬への準備作業

      午後はハーブリース作りです。

posted by herb at 14:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

ハーブ調味料を作りました!


11月14日(月)曇りのち雨 ハーブ倶楽部活動報告


報告者:Y.Yさん


もうあたりはすっかり黄昏た風景です。でもそれはなぜか、ホッとする風景だったりもします。暑かった夏、草との追いかけっこだったあの時期をなんとか通り越し、今ホッと穏やかな気持ちで畑と向き合うと、彼ら(ハーブたち)もまた、穏やかに静かに、居心地良さそうにしているのを感じます。それがなんとも嬉しく感じる1日でした。


写真1.jpg 写真2.jpg 写真3.jpg


さて、今日の作業は、まず立ち枯れた藍やシソの撤去、コットンの収穫と刈り詰め、レモングラスの剪定、そして除草作業などなど。畑全体がすっきり綺麗になりました。


写真4.jpg 写真5.jpg 写真6.jpg



午後は、畑から、様々なハーブ(セージ、フェンネル、チャイブ、ミント、レモングラス、レモンバーベナ、ローズマリー、ゼラニウム、等々)を摘み取り。これらを使って、ハーブのビネガーやオイル、ワイン、ハーブ水、ハーブソルトなどを作りました。ハーブソルトは生のハーブを電子レンジで乾燥させたものを使いました。
その他、ドライハーブを混ぜたハーブシュガーやハーブ入りパン粉なども作ることができます。これらハーブ入りの調味料はとても簡単に作ることができ、ハーブの一味と香りが、お料理をさらに美味しくしてくれます。

     写真ハーブ.jpg ハーブソルト.jpg


次回の活動:11月27日(日)

      午前は畑で除草作業

      午後はカレンデュラクリーム作りです。

posted by herb at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

フレッシュハーブソーセージを作りました!

10月23日(日)晴れ ハーブ倶楽部活動報告


報告者:O.Aさん

10月も残すところ、わずかとなりました。

秋の日差しが穏やかな、過ごしやすい季節です。

ハーブ畑に到着すると、全体的に草が少なく、きれいに整備されていました。    

自主活動などで整備してくださった方々、ありがとうございます。

          20161023_101511.jpg

夏の間は参加人数も少なめでしたが、今回は人数も増え賑やかで、活気がありました。


午前中、キッチンハーブ周辺の除草作業。    

日当たりが良く、土も良い環境のおかげで、レモンバームやレモンバジル、レモングラスなどが生き生きとフレッシュな緑の葉を伸ばしています。

さわやかなハーブの香り。ハーブティーがこれほどおいしく、透き通ったレモン色の理由も肯けます。

     20161023_101534.jpg    20161023_103138.jpg        


畑でひときわ明るい赤の色彩を放っていたのがチェリーセージ。

ハーブ畑の前面に植えられ、隣には紫がかった濃いブルーのメドウセージ。 

チェリーセージはシソ科サルビア属。アメリカ南部メキシコに分布する低木性。

ハーブティーやポプリなどにも活用出来るそうです。

     20161023_105118.jpg  20161023_105134.jpg

キッチンハーブのそばには、チャイブ(ネギ属葉菜)がたくさん伸びています。

別名セイヨウアサツキやエゾネギ。カロテンを豊富に含む緑黄色野菜で、らっきょうに似た地下茎を持つそうです。

チャイブと青唐辛子を塩とオリーブオイルで炒めてパスタにしたり、ポテトサラダやスープの材料にしたり、料理のアレンジが広がりそうです。

畑から収穫したハーブで手作りした料理は、おいしさも格別なことでしょう。


除草作業の終了後、ハーブソーセージを手作りしました。

   20161023_121007.jpg  20161023_121023.jpg   

つのグループに分かれて、2種類のレシピで試作。

内1つ目は、「レンジで簡単!手作りハーブソーセージ」です。

手順として、豚ミンチに塩をかけ、白っぽくなるまで練り、ハーブを入れて混ぜます。

ラップを2枚広げて、等分して細長くおいて巻きます。

お皿にのせ、600Wのレンジで3分間加熱をして完成です。

にんにくやショウガ、カレー粉などでアレンジしてもOKです。

レンジでハーブソーセージがこれほど簡単に調理出来るとは、驚きです。

   20161023_122739.jpg 20161023_122923.jpg 20161023_124524.jpg

もうつのグループは、あらかじめローズマリーやタイムなどを細かくきざんで調理します。豚ひき肉と塩コショウ、スパイス、スープを加えて混ぜます。等分してから、フライパンで焼き色がつくまで焼き、中まで火を通します。

皆手早く、瞬く間にハーブソーセージが出来上がりました。

   20161023_121836.jpg   20161023_124013.jpg   20161023_125014.jpg  

そして、ドックパンにはさんで、ハーブソーセージのホットドックが完成。

ハーブティーと一緒にお昼に頂くと、ナチュラルで素朴なおいしさに感激しました。

収穫したばかりのフレッシュハーブを活用して手作りしたハーブソーセージドックを皆で満喫しました。

           20161023_131306.jpg


初めてのハーブソーセージの調理は新鮮でした。皆で協力しながら調理をする過程も楽しく、おいしく完成して、喜びもひとしおです。

   


季節ごとに表情を変えるハーブ畑で、新しい発見が出来るのも楽しみの1つです。

仲間とのハーブ談義も毎回楽しく、教わることが多くあります。

1日お疲れ様でした。

また参加させて頂く日を楽しみにしております。



次回の活動:11月14日(月)

      午前は畑で除草作業

      午後はハーブ調味料作りです。


posted by herb at 15:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする