2019年10月10日

ハーブ倶楽部10月7日の活動

参加人数は 11名
午前中は草とり作業でした。

ラベンダーのまわりと キッチンハーブのまわりを中心にスッキリしました。
ようやく秋らしくなってきましたが 草取りを頑張っていると汗びっしょり。
でも真夏の暑さを思うとなんのその。
・ハーブ1007草取り全景.jpg ・ハーブ1007草取り全景A.jpg

今年はローゼルの生育が良く、実の収穫量が例年より多く見込めるため、
大き目に育った実を中心に収穫をして午後はジャムを作りました。
・ハーブ1007ローゼル花.jpg

@実を水洗いしてガクと種に分けガクを細かく刻みます。
(種は未熟なため残念ながら廃棄)

A刻んだがくを鍋に入れ、砂糖と水を150CC程度入れて弱火にかけ、
 混ぜながらとろみがつくまで煮ます。
 クラッカーにジャムを付けて試食をしました。 
・ハーブ1007ローゼルジャム煮込み.jpg ・ハーブ1007ローゼルジャム試食.jpg 
  
この時期のフレッシュなローゼルでジャムを作るのはちょっと贅沢!
だからこそ程よい酸味があってとてもおいしいジャムでした。
ハーブティにもフレッシュなローゼルをブレンド。
フレッシュなローゼルの効能は体を温め、
ドライの効能は体を冷やすそうです。
ハーブは奥が深いですね。
posted by herb at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

ハーブ倶楽部で紫根のハンドクリームを作りました

本日の午前中の任務は、猛暑と台風で延び延びになってハーブ畑の手入れです。メンバー揃っての草刈りは、およそ2カ月ぶり。畑はエノコログサやヤブガラシが生い茂り、どこに道があるのかもわからないほどです。
・ハーブ0922草刈り前.jpg

そんな中でも、一番奥のローゼルとレモングラスは雑草類に負けじと元気に育っていました。そこで、まずは、そのお隣、種をとるために残してあったタデアイとバジルの畝を整えることに。
そこが済むと、ヤブガラシがしつこく絡みついた月桂樹やローズマリーの木周辺へと作業を進め、さらには、雑草ですっかり見えなくなっていたエルダーの木も救い出すことができました。

雑草の陰に隠れていたのか、時折りミントのさわやかな香りが漂い、汗だくの私たちを慰めてくれます。
ラベンダーのあたりは、自主的に草刈りをしてくださったメンバーさんがいたとのことで(お疲れさまでした)、新しく植えた株も順調に育っています。
・ハーブ0922ラベンダー.jpg

みんなの頑張りのおかげで、あんなに草だらけだった畑も、2時間ほどで見違えるようになりました。たくさんのトンボが気持ちよさそうに飛び交っています。もう秋なんですね。
・ハーブ0922畑.jpg


おいしいハーブティーをいただきながら昼食をすませた後、午後は紫根のハンドクリームを作りました。
まず、紫根と当帰のチップに、太白コマ油とファーナス油を加えて、湯煎にかけます。ガラス棒で様子を見ながらかき混ぜること40分。薬効成分がしみ出たオイルは、きれいな赤色で、ほのかにゴマ油と漢方薬のような匂いがします。

それもそのはず、紫根は、抗炎症作用や肉芽形成促進作用があるとされ、江戸時代から長く使われてきた「紫雲膏」という傷薬の原料なのだそうです。当帰も、漢方生薬の1つで、乾燥を防ぎ血行を良くする働きがあり、ゴマ油とともに「紫雲膏」の原料の1つになっているとのこと。なるほど、いかにも手荒れに効きそうです。
抽出が済んだオイルを濾してチップを取り除き、それぞれが持ち寄ったガラス瓶に分けます。そこに、ミツロウとシアバターを加え、再び湯煎にかけて、ミツロウを完全に溶かします。
・ハーブ0922紫根クリームA.jpg ・ハーブ0922紫根クリームB.jpg

ミツロウが溶けたら湯煎からはずし、かき混ぜながら冷まします。30度くらいになったら、ラベンダーやローズマリー、ミルラなど、好みの精油を加えて、さらにかき混ぜ、クリーム状になったら出来上がりです。
・ハーブ0922紫根クリームC.jpg ・ハーブ0922紫根クリームD.jpg

さっそく塗ってみると、しっとりすべすべ、いい感じです。
最後に、30分ほど、イスに座ってするヨガ(チェアヨガ)で、軽く身体をほぐしました。

posted by herb at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

ハーブ倶楽部ラベンダーハニー石けん作り

朝晩は気温が下がってきましたが、日中はまだまだ熱い日が続きます。
8月は猛暑が続くため畑作業はお休みでした。

午前はラベンダーの石鹸作りです。

乾燥させたラベンダーの花をオリーブ油に漬け込み
湯煎で30分かけて抽出します。
DSCN0430.JPG DSCN0428.JPG 

その間に苛性ソーダを精製水にとかし始めると
一気に90℃近くまで温度が上がります。
強アルカリ性と言うことで、取扱注意!まるで、理科の実験のようでした。
DSCN0429.JPG

ラベンダーの抽出がされたオリーブ油は2回ほど濾してから、
ココナッツ油とパーム油を加えます。
DSCN0431.JPG DSCN0432.JPG

そして、40℃まで下がった苛性ソーダ水も加えます。
DSCN0433.JPG

ブレンダーを使いながら混ぜていくと
サラサラだった液体がドロッとしてきます。
DSCN0436.JPG

そうしたら、ハチミツを加えて石鹸の生地が出来上がります。
1リットルの紙パックの4割りほど生地を流しこみました。
DSCN0438.JPG DSCN0440.JPG

今日1日は蓋をした状態で置いておき、明日から蓋を外して紙パックに入れたまま1〜2週間室温に放置します。
そのあと、型から外し、網などの上に置いて1ヶ月〜1ヶ月半ほど熟成&乾燥させると完成するそうです。

手作り石鹸は思ってた以上の時間がかかるんですね!
ラベンダーの香りがいっぱいします。
使うときが楽しみです。

お昼をはさんで、午後は、9月の活動ミーティングをしたのち、オニオンドレッシング作り。
とっても簡単!

玉ねぎ1個とニンニク一片、酢とオリーブオイル、塩と砂糖少々をジューサー等で混ぜ合わせるのみ。
玉ねぎの辛味とニンニクが効いていて、とても美味しい!
サラダやお魚、お肉、なんにでも合いそうなオニオンドレッシングでした。
DSCN0443.JPG DSCN0445.JPG
posted by herb at 16:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする